お知らせ

2024.06.06

【展示】ー桜桃忌ー太宰治を読む🍒

 6月19日は、小説家・太宰治を偲ぶ日である「桜桃忌🍒俳句の夏の季語でもあるこの日は太宰治の“命日”として知られています。死後、桜桃忌には太宰を慕う人々が墓所を訪れ、参拝するようになりました。

「太宰治を読む」と題して、関連本を集めて展示しています。著作はもちろんのこと、太宰の次女、津島佑子さん、太宰を愛してやまない後輩作家たちの作品や「太宰治賞」受賞者の本も集めました。私の太宰歴は小学校の時、定番の「走れメロス」に始まり、いくつかの短編を読みました。また、その破天荒な人生も有名ですね。私のオススメは、今年、「東京都同情」で芥川賞を受賞した九段理江さんの『schoolgirl』。太宰の「女生徒」を本歌取りした作品で、2022年の芥川賞候補にもなっています。両作品を読み比べてみるのも、面白そうですね。

Copyright (C) 芦北町立図書館 All Rights Reserved.